犬が飼い主の口をなめる理由について

犬が口を舐める理由について紹介犬の言葉と人間の言葉
犬が口を舐める行為。これはこの職業であるからこそよく解ります。
どのような時に観察することが出来るのかというと、面白いことにその群れで立場が上位の犬に対して、下位の犬が舐めるのです。
たとえば、子犬が自分の母親の口を舐める所。上位の犬に対して下位の犬が舐める所。
他には子犬の顔や身体を舐めてあげたりしているところをよく見ます。
それと成犬の傷口を他の成犬が舐めているところをみましたが、これはどうも味がするからのようで、その組み合わせ的に考えても、あまり関係のないことだと思っています。
まあ、この画像をご覧下さい。
いかがでしょう、やや目を細め、耳は後ろに倒し、そして上を見上げて軽く挨拶をしております。
これが上位の者に対して下位の者がする行動です。あなたよりも私が下位ですとはっきり伝えてきています。
ただし、これも刷り込みが入っている犬に対して言えます。
この行動はおそらく持って生まれた本能ではないかと思います。
その証拠に、刷り込みの入っていない子から舐められると、このような配置で舐められると、その犬はただひたすら舐めて舐めて、イヤというほど舐めるのです。さらに口から離したとたん、バクっと私の鼻を咬むんです。
これはどうもおかしい・・・。それで別の刷り込みの入っていない犬を見つけてきては(非常に簡単に見つかりますからね)やはり同じように口を舐めて舐めて止まらないのです。そのうち興奮してか、更に舐めるスピードは増し、気持ち悪いので口から外した瞬間、やはりバクっと今度は下唇を咬まれ・・・・。
舐めるという行為によって興奮するんですね。
確かに私の子モネも舐めるのが好きなんですが、それは挨拶なんですね。通常であれば下位の者が上位の者に対しての挨拶であるのですが、逆に下位の者に上位の者がする行為は絶対に観察できません。口元をしきりと舐めてくるのは、上位の立場の者に対して取る行動です。
モネの場合は、それプラス自分が今何をして欲しいかを伝える行動でもあるのです。まあ、それにはせわしなく行動しながら伝えてくるので、トイレがしたいですとか、水が飲みたいですとか、そう言ったことを伝えるためにやっているんですね。コレが人間が教えた言葉なんですね。
しかし、私には決してしないんです。家族の他の者に対しておこなう行動なんです。
二人だけの時でも、絶対にしないんですよ。ただ教えには来ますけど行動がまるで違うのです。
結局はその行動に対して許してしまうので、モネはそのような行動を取るのですね。
よく考えると、興奮した状態では常にずっと舐めるのですが、(ただ私にはしないんですよね・・・。)
モネを含め、舐めてくる子というのは、軽く挨拶程度で一・二回なんですね。
そこには甘やかしが入ってクセになっている行為と、自分は下位であるということを伝えるのにペロンと挨拶程度で舐める行為。
子犬たちがペロペロペロと母親の口を舐めに行く行為は、ちょうど一番深く入る刷り込み時期に多いのですよね。生後3ヶ月過ぎたあたりから、母親の口元に届きますのでじゃれ合うように舐めに行くんですよね。
この光景にそっくりなのが、刷り込みの入っていない犬なんですね。ただスイッチの入り方が解らないんですよ。興奮しているなって思って口から離したとたんガブリ!ですから。
まあ多いんですよね・・・コレを検証するのに何回もガブリとやられましたし、いつどこでキレるスイッチが入るのかってやってみても、まったくタイミングが掴めないんですよね。
それでよく見ていると、通常では考えられないような犬の行動を取るんです。やはりそこにはキレるタイミングがまったく解らない・・・。
普通の犬の言葉で言うと、軽くペロンと舐めるのは、相手を認めている証拠で、上位の立場であることを認めているということです。
もしくは興奮して相手して欲しいって伝えてきているか、その生活環境で覚えた何かをやって欲しいときにとる行動です。
刷り込みの入っていない子というと、果てしなく舐める行動が続き、そして口元から離すと興奮で顔を咬む。その言葉の意味は・・・・理解不能であるということ。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!