人 好きな犬

人が好きな犬になるために。そんな子に育てたい。
人が好きな犬に育って欲しい。ほとんどの方がそれを望まれます。
人が好きな犬って当たり前なのですが、そのように育つ方法が見つからない。
そのような方は是非一度お読みになって下さい。
私、いつも暇なときには、こうやって犬に座って自分の子を抱っこします。
これが人が好きになる秘訣?
違うんです。
不安・不満を取り除く方法なんですね。
抱っこして座る。
犬にとって見ると、好きなことというより嫌いなことかもしれません。
ですが、ずっとこうやってやっていますと、もうどうにでもしてくれ。この人はいつもこうするから仕方ない。
もしかすると居心地が良いかもしれません。
まあ犬自身が色々なことを感じていることでしょう。
この画像を見ると、しかたないかな・・・。
でも諦めを教えるんですよ。こんな風にすると嫌がり、逃げようともがきますよね。
それをさせないのです。
これは興奮していると暴れてしまいますので、ゆったりとしているときにやってみてください。
実は去年2009年の犬吉猫吉のなんちゃらっていう撮影会に参加したときのこと。人が好きな犬ばかりだったら良いのですが、まあ人のことを気にしない子が多いんですよね。そこで毎週恒例のお勉強会。
そこは遊園地で、犬と一緒に乗っても良い乗り物があったりで、ムーンフェイスと一緒に乗ったんですよね。
グルグルまわる列車ですかね。
ムーンフェイスは何も知らずに乗り込みます。
小さな乗車席。
抱っこして乗ったんですよね。そして出発!ただずっと周回するだけの乗り物なんですが、これがまた音がデカイし振動も大きい!パニックおこして驚いたムーンフェイスはその場から逃げようと身体を動かしました。
でも、私は身体を抱き寄せて大丈夫大丈夫となだめました。すると身体から力が抜け、そして冷静に周囲を見ていたんですね。まあ、不安いっぱいでしょうけどね。
それである子の番になってその子のお父さんと一緒に乗っていたんですが、やっぱり動き出すとパニック。お父さんはただ必死に捕まえておくのに夢中。
一度止められました。危なそうだったので・・・。
このときに冷静さを取り戻すための手を打てば、意外とやれるもんなんですが、パニックを起こす子に、お父さんもややパニック。
冷静に冷静に・・・、そう思いながら見ていたのですが、結局は途中で堕ろされて・・・。
パニックを起こした子をそのままの状態で必死になだめても厳しいモノがあるんです。
飼い主の言葉を聞く余裕もなくなるのですが、そのときに飼い主の言葉の重さを理解させていると、声や身体に力を入れて引き寄せてあげるだけで冷静になるんですよね。
それがいつもこうやって抱っこすること。
嫌がらなくなるまでやること。そして諦めさせること。
この諦めが重要なんですね。飼い主として認めさせるやり方なんですね。別に体罰じゃない、いわゆるスキンシップ。
スキンシップを図りながら、教えていくんですね。お前は少しでも動いたらダメだって。
待てよ~、もうちょいこのままでいようよ~。って。
すると力を抜いて大人しくなるんですよ。
これが続くと当たり前になって、大人しく抱かれているんですよね。
人が好きな犬になるための法則。この画像、この場にいらっしゃった方はご存じでしょう。結構高いんですよね。そしてとっても急勾配の階段を上がらなければならないんですよ。
右端に映ってるでしょ?狭い階段が。
これをモネと一緒に登ったのですが、まず誰もやらないでしょう。
愛犬がパニックをおこすと、とっても危険な場所です。
でも行く!のが私。実は私もの凄く嫌いなんですよね、こんなところ。
ですから、しっかりと手すり握っているでしょ?撮影した後はすぐに退散・・・。恐ろしくて・・・。
まあ登ろうとしたとき、いくらなんでもモネも不安だったようですが、私が先に登ってモネを誘導します。
やるからには絶対にやる私をよく知っているモネは、このときに諦めるんですよね。そして不安ながらも私について行くんです。
グオングオンとやかましい音がするフェリー。そして微妙な揺れ。でもこうやって私と一緒にいることで不安を押さえ、パニックにならずにしっかりと行動できました。
これができたのも、そんな日々の付き合いからなんですよね。
そうすると飼い主のやりたいようにやらせてくれるんです。この人が言ったらやらないといけない。
あがきはムダだって。
頼れる人と一緒にいたら愛犬はパニックを起こさなくなるんです。
ひと声で冷静になれるんです。
そんなモネですので、この間超大型犬のグレートデンを飼っていらっしゃる方の所に連れて行ったのですね。
さすがにモネでもグレートデンの力強さを感じたらしく、とても大人しい。
緊張気味で近づくモネ。圧倒的な力の差を感じたのでしょう。冷静に近づいていくんです。
それを部屋から眺めながら笑っていたのですが、こんなときも落ち着いて行動が取れる子に育ったわけですよ。
興味があるから挨拶に行きたいけど、いつもは自分より力が弱い子ばかり。偉そうな態度で接していましたが、このときばかりは逆で、
遊びたがるグレートデン。まあ繋がれていますので、そう滅多なことはないと思いますし、その子のブリーダーさんの環境も知っていますので、私は全く怖くなかったのですが、
本人は・・・・。軽く挨拶して、部屋の外で私が出てくるのを待っていました。
常に冷静な判断ができる子に育つには、最初の出だしをこうやって抱っこして始めるのが良いでしょう。
人が好きになる犬は、心に余裕があるからなんです。人を嫌う・驚く・噛みつく・嫌がる子って、恐怖や不安いっぱいってことは、飼い主さんだけでなく周りから見てもすぐに気づくでしょ?
そんな縛られた心を解放するのは飼い主さんなんですね。 それには愛犬に認められることから始めないと、人を好きになる子には育たないんです。ですから、こうやって抱っこしてスキンシップをとりながら、飼い主の思い通りになる子に育てて下さい。人を好きじゃない犬をお持ちの方が取る行動は、ほとんどの方が消極的になっていませんか?そうすればいつまで経っても変わりませんので、まずは抱っこしてそしてその状態を我慢する子に育てて下さい。ちなみに私の子たちは、ピクリともしません。ちょっとでも動いたら、私がその動いた部分を捕まえて、ダメだ~。って付き合っているからです。
力が入っていないんですよね。つまり安心だって思っているんですよね。でも飼い主さんのことはしっかり見ているんですよね、そんなときでも。
そのような関係になったとき、愛犬は飼い主さんを頼りがいのある人だって認めるようになってくるんですよね。
まあ、その子その子にあわせてのやり方は色々とあるのですが、一番いつでも出来る方法が、抱っこなんですよね。これをやっていると、今度は愛犬が素直に耳を傾けてきます。そして散歩の仕方で説明したようにやると、更に強く関係を作ることができます。そうやって確実にステップアップしてみてください。そしてその子の変化を感経つしてみて下さい。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!