心のある動物・犬の心~知ってて得するペット情報・犬の気持ち編~

心のある動物心はお互いに成長するもの
ふと気づいたことがあり、ずいぶんと前から観察していたことがあります。
表現力の豊かさ
このことについてずっと見ていたのです。
色々な性格を持つ犬が存在します。
性格というかその犬種が持って生まれた性格ですね。
まあ、持って生まれた性格はあるのですが、本来なら犬って人に対し温厚な性格ですよね。ですからペットと名が付いた動物で人気ナンバーワンを誇っているんですが、これがまたいけないことで・・・。
いつの間にか刷り込みが入っていない子犬の販売が主流となっていて、どうもおかしいんですよ、その刷り込みが入っていない子というのは・・・。
実は昔、ウチのソニックを連れてドッグランに出かけたんです。まあ、この画像の子、モネも連れて行ったのですが、周りは小型犬ばっかり。元々気にすることのないこの二人、小型犬相手ではなく、自分でボールを拾ってきては、そこにしゃがんで一人で遊ぶモネと、自由に歩き回るソニック。
そこに一匹のビーグルが来て、一生懸命遊びに誘うんです。
遊びの誘い方は皆さんご存じでしょう。前身を低くして前足を寝かせ、そしてお尻は高く持ち上げ、サッサッと小さく跳ねながら相手を誘うんですけど、まあ、ソニックはあんまり乗り気じゃなかったんで、挨拶を交わして去ろうとしたんですよね。
挨拶って解ります?お尻の匂いを嗅ぐこと?まあ、それも挨拶なんでしょうけど、お互いの顔を真横に近づけ、そして匂いを嗅ぐ仕草。それに目は絶対に凝視しません。口を閉じて匂いを嗅いで。まあ冷静に挨拶しています。その後お互いのお尻の匂いを嗅いだりと・・・。
まあ、そんなことやっていたんですけど、あんまりソニックが相手とするような子じゃありませんでしたので、ソニックは離れようとすると、なにやらグレーの小型犬がソニックに対し、ガウガウガウってソニックのお腹めがけてジャンプしながら噛みついてきたんです。しかも何度も何度も。
そんな相手に対し、ソニックは尾を高く上げ、身体を大きく見せるように頭を持ち上げ、そしてピンと背筋を伸ばして低いうなり声を浴びせたのですが、まったく関係なし。そのビーグルはどこかに去っていきましたが、このグレーの物体が更に興奮してガブガブソニックのお腹を噛みついてくるんですよ。
それでも威嚇し続けた結果、そのグレーの物体の飼い主さんが来て、「この子、大きなオスに怒ってしまうんですよ」って。
そこらへんから勘違いされている・・・。多いんですよね。
そしてあまりにも無謀な挑戦を挑むんですよ、刷り込みの入っていない子って。
ですから、そういった犬の挨拶やボディーランゲージに欠けているんですよ。更にキレる・・・。
何かがあるといきなりキレてしまうんですよ、そうなったら止められないくらい激しいんです。
あれだけ身体の大きさが違っても、平気で挑んでいくんですよ。
モネもそうですけど、ソニックもうなり声だけで相手しないんですよね。
そしてキバを見せながら吠えて相手の口前がワウ!の一言で充分なんです。これで終わりなんですが、それを聞いた小型犬たちが一斉にワンワンワンワン!
はあ・・・・、ここまでいたのか刷り込み不足。
実に多いんです。そしてその子たちって飼い主さんに抱かれていても、ずっと吠えっぱなし。
いきなりキレるんですよ。
皆さんもご存じのように刷り込みの入っているこの子達のケンカ(男の子)って、違うでしょ?
前置きがあって、そしてそれが頂点に達したときに爆発なんですよね。
ですから自信と力の差があったときなんて、一発で相手がケンカを止めてしまってそれ以上のことはないでしょ?
まあ、これが本物なんですけど、どうも刷り込みが入っていない子というのは、ケンカではない挨拶程度の会話でもケンカするんですよ。もちろん威嚇もしていますが、まあ~何とも・・・。
ですので、言葉を知らないというか、感情の表現があまりにもヘタなんです。
ウチの群れで育った小型犬、雑種のサクラと比べても、一目瞭然。
表現方法がホワイトシェパードとは多少異なるんですよね、だって身体が小さいから、そのように見えるのですが、でも言葉はしっかり使っているので、サクラの感情が解るんです。そして伝えたいことが理解できるんです。それがドッグランとかドッグカフェとかに来てて、何だかチョロチョロしている子って、おかしいんですよね・・・。言葉知らないんじゃないかって・・・。まあ、小さいから許せますよね、見ている人たちは。でもソニックのお腹をガブガブ噛みついたあのグレーの物体の飼い主ときたら、すみませんの一言もでやしない・・・。
言い訳だけで抱っこして立っているし・・・。
犬って心の成長を促してあげないと、ダメなんですが、飼い主があんな言い訳ばっかりしていたら・・・。
そうやってお互い理解し合っていくものじゃないのかね・・。
まるで言葉を知らない犬というのは、心があるのかどうかも理解できないことがあります。そして飼い主から教えて貰った感情表現をします。これがまた甘やかしから生まれた言葉であって、普通の犬には通じない・・・。
まあ、その子なりに一生懸命気持ちを伝えているのでしょうけどね・・・・。
刷り込みの入っている子って、極端に心の変化があります。心の成長が一気に進むことだってあるのです。
それが行動や態度として現れて。
ですから、そこだけを上手に付き合えば、もの凄く楽なんですよね。だって心のある動物だから。
言葉の違いはあれ、みんな心を持っているんですよ。
それを伝えることが出来るか出来ないかは、刷り込みとその後の経験なんですよね。
冷静に判断できることができるのは心の余裕、やっぱりここでも心という言葉が出てくるくらい、しっかりと心を持った動物なんですよね。
感情表現が上手な子というのは、見ているとすぐに解るんですよね、仕草や行動で。
その言葉の意味を知ったとき、たぶん驚かれることでしょう。
ああ!あのとき注意したら、そっぽ向いてあくびしたってあれは、アナタとケンカしたくない、そしてとっても不安だったっていう意味だったのか!って。
これも心の現れですよね。そうやってお互いに理解し合い心が成長していくんじゃないでしょうかね~。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!