寄生虫駆除

ペットの保険について驚きました。
動物病院の先生に話して調べていただいたのが、寄生虫駆除剤
これは犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫の駆除を目的とした駆除薬なのですが、これをワクチン接種前に必ず飲ませています。寄生虫の有無にかかわらず飲ませるのですが、この金額を見て驚きました。ごく普通でしたらこの金額の倍以上するのです。
ただ、今セール中ですので、このような金額でしょうけれど、これをまとめて100錠ほど頼むのです。
当犬舎の主治医の先生は、ブリーダー割引ではありませんが、私が大量に買い込みますので、相当安い金額でお譲りいただいているのですが、それでも恐ろしいことに、病院代金は昨年で300万円を超えています。まあ、これは定期的におこなっている繁殖犬の血液検査やレントゲン代金も含まれ、さらにワクチンやマイクロチップ代金も含まれますので、当たり前と言えば当たり前ですが・・・。
それでいつもこの薬を使いますので詳しく調べた結果、実はまったく異なるものに対してもかなりの効果があることが解ってきたのです。これは動物病院の先生もそのようにおっしゃっていますし、そしてこの薬はドイツの犬専用の薬で、犬の体重の6倍を投与しても害がなかったとの報告もありますので、安心して使っているのですが、腸内細菌を綺麗にしてくれるようなのです。当犬舎にも電子顕微鏡を設置していますし、動物病院でも便検査をしていただき、その効果を目で見て確かめています。
下痢の時って腸内細菌が荒れに荒れています。そこで悪い菌を退治し、免疫力をUPさせ、この悪い菌の発生を止めるための最初の段階で使用しています。一錠あたり10kgの体重ですので、成犬は4錠ほど、アローやグランディといった40kg越えの子たちは、5錠/日。おおよそ3日間ほど続けます。親心というか早く良くなって欲しいですからね・・・。
抗生物質よりも安全ですし、金額は相当高いのですが、こちらのほうが安心して投与できますので、これは万が一のために一箱持っていても良いのでは?そう思って、しかも安い!相当安い!
当犬舎のブリーダーさん達に対しても、必ずいてもいなくてもワクチン前に投与して貰っていますので、ブリーダーさん達にもお薦めです。
ただし、今がセール期間みたいですので、このような金額は通常あり得ませんし、これではない安いニセモノでは、このような効果もありません。
これは寄生虫の駆除剤で、実はトリコモナスやジアルジアに対しても駆除効果があるんですよね。これってそこらへんの動物病院では知られていないことなのです。
当犬舎では免疫力UPを考え、給餌を考えるようになりました。ただ、どうしてもブリーダーさんの子犬を引き取ったとき、環境の変化で必ずといってよいほど下痢になる子犬が出てきます。そこで、1週間ほど隔離して下痢の子犬に投与し、それから食事で免疫力をUPするようにしています。
まあ、いきなり成犬から幼犬まで群れで生活することとなりますので、仕方ないと言えば仕方ないのですけどね・・・。そうやって環境に適応して犬の社会性をしっかりと身につけるために、子犬の健康を管理するために、この薬は常時おいています。
都会の動物病院、とくに関東のほうでは、かなりの金額するらしいですから・・・。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!