パピーメイルクラス NO1ブリッツくん

幕張メッセペット博2010 第一回ホワイトシェパードコンテスト
見事パピーメイルクラスで一位獲得、その後もベストメイル2席を獲得した、ブリッツくん。
ブリッツくん、ショー後も大変な気に入られようで、ブリッツくんの父グランディを、アメリカの方から早々と交配依頼を受けました。
それほど際だっていた子ってことです。このバランスの良さと白さは、母親であるビューティフルレディから受け継いでいます。
とても気になった子でしたので、ギリギリでショーに出して!ってお願いしました。
父グランディはアメリカからチャンピオンとして当犬舎に迎え入れたのですが、アメリカでも多くのチャンピオン犬を輩出し、そしてグランディの子で初出産(正確に言えばPPF3位のマリンちゃんが持ち腹で初出産)の子だったのですが、いきなり国内でもグランツくんという素晴らしい子を輩出でき、すでに結果を出した父となりました。
ビューティフルは、バランスの良い体躯構成をしていますので、それを確実に伝えてきた子がこの子です。
見事な幅のある後肢だけでなく、全体のバランスがとても良い子です。ショーを見ていて思ったのですが、この子は歩き方よりも、このバランスの良い体躯構成で賞を取った感がありました。
審査員の方も褒められていましたからね。基本はやはり基礎となる母親、そしてその不足した部分を補うための父親選びが大切ってことですね。

父グランディ母ビューティフル最高の子ブリッツくん

幕張メッセペット博2010この耳の付き方、マズルの形、細かいところまで考えながらの改良をやりながら、バランスの良さを基本に交配をやっているんですが、ブリッツくん、見事!
しかし一つ今後の課題をお話しします。
せっかく良いモノを持っている子ですから、更に上を目指すという意味でお話しします。
こうやって画像を拝見していると、手の握りが若干甘く見えます。これは他の子たちにも言えたことなのですが、握りしめたような感じではなく、ただ地面にペタって足を置いている状態なんですね。まあパピークラスだからこのくらいかな~。ジュニアクラスになると体も出来てきて、そのぶんしっかりと走り回ったりなんかして運動するでしょうからね。
・・・ということは、未来のベストオブブリードを目指してくださいね。将来が有望な子で、さすがビューティフルの子!見とれてしまいますよね~。ショー後に審査員さんのところでお会いし、そして「褒められた」っておっしゃったあのときのお父さんの笑顔と言ったら・・・目が無かったですよね~、超笑顔でしたね~。その後にブリッツくんの父親がグランディであること、そしてそのグランディは私の子であることを尋ねられたんですよね~、外人さんに。それで交配決定。グランツくんのお陰でグランディの血もアメリカ逆輸入になるんですよね~。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!