ホワイトシェパードの基本的な性格

すべては基礎が大事。
ホワイトシェパードの性格は、室内犬として飼育することで、家族と共に過ごし、人を理解する能力に長けている犬種ですので、愛情に満ちあふれた性格をしています。穏やかでゆったりと過ごし、「この人だけ」と決めてしまうと、その人の分身とも思えるほどの理解力を持ち、そして決して逆らうことなく、言葉や仕草に対しての反応が実に素早く反応する面も持っている犬種です。
それと、これはよく理解できないのですが、不思議な魅力を秘めています。
ホワイトシェパードと共にお過ごしの長渕剛さんとお会いしたとき、やはり同じ思いを持っていらっしゃいました。
それはとても理解できない不思議な魅力です。
しかし、この魅力や性格を最大限に引き出すための基礎が出来ていなければなりません。
ホワイトシェパードという犬種のことを熟知し、そして繁殖犬も基礎ができている子しか用いない。
だからこそ、不思議な性格を持っているのです。

その基礎とは

子犬の性格形成において、最も重要なのは、母犬・父犬共に過ごせること。
普通の方は当たり前とお思いでしょうけど、これが出来ない繁殖犬が実に多いのです。
それは、子育て放棄・子殺しだけに留まらず、犬同士の殺し合いにまで発展する、見境無くキレるホワイトシェパードも存在します。
それは「犬の社会性」を無視した繁殖をおこない、また繁殖犬に「犬の社会性」を知らない犬を使ったりしますと、こういった不幸な事件が起こるのです。それは実際に起こっていることです。
そのような犬として生きていけない繁殖犬の子犬は、犬としての基礎を形成するための環境を与えてあげることが出来ないのです。
スタイルの善し悪し以前に、そのような繁殖犬を用いること自体、本来ならありえないのですが、利益に走るブリーダーは当然のようにこういった繁殖犬を使用し、そして生まれてくる子犬をまた繁殖犬として育成するわけですから、当然のようにその子犬も同じ道をたどるのです。
それを解決するには、やはり「父犬・母犬が揃い、かつ繁殖犬同士が一緒に群れを形成している」ことが重要です。そこから子犬たちは多くのことを学んでいきます。これが基礎を作るのです。

群れを見ること

普通はあり得ない。そうおっしゃる方がほとんどです。
当犬舎では、「必ず触れ合うこと」を条件に、柵越しからのご見学の場合、その時点でご見学をやめさせていただいております。
ですので、お越しの際、すぐに柵の中に入っていただきます。
この際、集まってくるホワイトシェパードたちに驚かれるそうです。
当犬舎は当たり前のことだと思っておりましたが、やはり大型犬であること。そしてその迫力に圧倒されるそうです。
ですが自慢の子たちを揃えている当犬舎。
「怖い」ということはまったくありません。
どの子も優しく接してきます。その中で重要な役割を持っているリーダー的存在のアローは、もの凄くしつこいくらい体を寄せてきて甘えてきます。しかし、耳の中、口の中、どこを触られても嬉しい子で、ゆったりと体を寄せて甘えます。他の子も甘えてきますが、どの子も皆同じポーズを取るのです。
これは決して教えていないポーズです。
「あなたは私よりも立場が上です。」それを認めた行為である、横向きに体を寄せてくるのです。
これが犬の社会性を身につけた犬なのです。どの繁殖犬・育成中の若犬すべての子たちがそのような姿勢をとります。
それから子犬たちが無邪気に遊びに誘います。パタパタと嬉しそうに尾を振り、体全体で喜びを表して手を取ってきたり、挨拶に近寄ってきます。
この違いこそが犬の社会性なのです。そうやって接してくる態度の違い。確実に犬の社会性を身につけていることを確認していただけます。
なんでもありではないのです。そのように人と接する行為にまで、
「自分たちはあなたたちよりも下であることをしっかりと理解しています。」
犬の言葉を用いて表現しながら優しく甘えてくるのです。
そこには激しさなどまったくありません。
犬としての性格の基礎を作る大切な環境です。
そうやって甘えてくる成犬・若犬・子犬たち。その群れの犬たちが過ごしている場所をよく見てみると、そこに一緒に生活している幼犬がいたりします。
これが証明です。しっかりと群れで育てているのです。これが犬の社会性を身につけているホワイトシェパードの穏和な性格です。本来のホワイトシェパードの性格を最大限に引き出すこと。本物のホワイトシェパードらしい性格を感じ取っていただけるようにしております。
そして満足いくまで触れ合っていただくことが、ホワイトシェパードに対してのイメージを、より深く感じ取っていただけますので、必ず「柵の中ですべてのホワイトシェパードと触れ合うこと」
ご見学の際の条件です。
ですから、子犬を見ていただく前に、まずは父母となる繁殖犬がどのような子たちなのか。
これを納得していただくために、あえて子犬については何も説明しません。
すべてはホワイトシェパードの群れが表現していますから。
これがホワイトシェパードに拘りを持つAlwayshere Styleです。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる子犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!