大型犬ホワイトシェパードのお薦め理由

ホワイトシェパードの母犬の様子洗練された野性味とのギャップ
オオカミ。そう言われることが多いですね。「これって犬ですか?」「散歩させて良いんですか?」完全にオオカミと思われてしまいます。
その割には近づいてこられるんですよね。
白ですから非常に目立つわけですが、それ以上に、ホワイトシェパードが持っている雰囲気が他を圧倒します。
独特の歩き方、独特の顔立ち。
ジャーマンシェパードにはない、独特の美しさを感じさせられます。
ジャーマンシェパードも野性味を感じさせてくれるのですが、それ以上の野性味を持っているのが、この犬種の特徴です。それが街中での凄まじいほどの反応の違いに現れています。
ジャーマンシェパードに声を掛けるのをためらう方は非常に多いはず・・・。
しかし、ホワイトシェパードは、必ず声を掛けられます。恐怖よりも興味が優先され、しかも白いために怖さが圧倒的に少ないようです。元々は穏やかな性格を持つホワイトシェパード。その甘え方と見た目のギャップに惹かれてしまう方は後を絶ちません。
美しさを持ち、珍しいということと、白に似合った顔つきをしているため、ついつい人に自慢をしたくなってしまうものです。

ホワイトシェパードの母犬の様子室内では大人しく・・・・
ラブラドールを飼っていらっしゃる方がよく言われる言葉。
「大人のような子犬」「拍子抜けした」
バタバタと暴れるわけでなく、家の中では大人しく寝ていることが多いです。しかし、遊びに付き合うと、体全体で喜びを表現し、生き生きと走り回ります。言葉に対しての反応が素晴らしく、しっかりとした信頼関係を築けば、他の犬種よりも深い愛情を感じてしまいます。飼い主と愛犬の間に入り込む余地なんてまったくないくらい、愛に満ちあふれた感情を与えてくれます。

ホワイトシェパードの母犬の様子次もホワイトシェパード
「この子と過ごしたら、もう他の犬は満足できない。次も・・・」オーナー様がよくおっしゃいます。満足。これは心の満足度です。見た目で満足、心からの満足。
オオカミのような顔をした子が、飼い主の前では心優しい表情で見つめてくる。
これにやられてしまったオーナー様が二頭目・三頭目を飼われるようになってきています。多頭飼育が多くなってきました。

ホワイトシェパードの母犬の様子タイプの違い
近頃では当犬舎もスタイルの良いロングコートのホワイトシェパードの輩出を狙って繁殖犬を育成中です。ホワイトシェパードと言っても、実に色々なタイプの子が存在します。
それぞれ好みの顔立ちがありますので、自分好みの子を探す楽しさを持てます。

ホワイトシェパードの母犬の様子気をつけておきたいこと
大型犬ってTVなどで人をかみ殺したなどと騒がれますが、じつはこれ、子犬時期の環境に問題があるのです。
子犬を迎えるとき、生後8週ほどの幼犬時期に迎えられませんか?ペットショップやインターネットで販売されている子犬は、赤ちゃん犬なのです。本来なら親や兄弟姉妹、仲間との触れ合いから学ぶ、犬の社会性を身につけることもないまま、販売されているので、それを知らずに購入してしまう方があまりにも多いのです。犬として生きていく勉強をした子犬を迎えられること、これがお薦めです。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!