オーナー様 茨城県北相馬郡利根町にお住まい 大型犬ホワイトシェパード

圧倒的人気のホワイトシェパードの母犬

ホワイトシェパード男の子1
子犬の名前:雪風くん
オーナー様:茨城県北相馬郡利根町 I様
誕生日:08年5月25日
ご希望のお引渡時期:
AIPOマイクロチップ埋込希望:
※JWSAマイクロチップは日本ホワイトシェパード犬協会の血統管理。
AIPOのマイクロチップは、全世界共通のマイクロチップとなり、愛犬の戸籍だとお考え下さい。
AIPOのマイクロチップは迷子になって保護された場合、飼い主がすぐに確認できる便利なチップです。

ホワイトシェパードMONEの男の子犬その1

ホワイトシェパードの父ソニックと母モネの子犬は、非常に人気が高い子犬です。モネの優しい性格と知能の高さ、父ソニックの男ぶりと優しい瞳と性格。このふたりの子犬は、とてもかわいい瞳を持った子になります。
  • 父親は当犬舎を代表する圧倒的人気を誇るソニック。
    スタイルの良さと独特の雰囲気が、他のホワイトシェパードを圧倒しています。
    ホワイトシェパードの群れの中でも目立つ存在で、何とも言いようのない存在感を持った父犬です。
    母親はその優しい性格と知能の高さが特に目立つホワイトシェパードで、群れのリーダーとして自信たっぷりの余裕のある落ち着きが人気の秘密です。(画像をクリックすると拡大します)

ホワイトシェパードMONEの男の子犬その1のその他の画像

母モネは、ホワイトシェパードの中でも判断力が高く、落ち着いて行動の取れる子で、その知識・知能の高さは、他の子達を圧倒しています。なんでもすぐに覚えてしまい、まるで人間のように振る舞う大型犬ホワイトシェパードです。この犬種の知能の高さを窺い知れる子です。知能の高いホワイトシェパード。母モネは、その知能の高さから、リーダー犬として、看板犬として大活躍しております。

子犬の最新画像08/7/16

横幅があり、ソニックの良いところを受け継いだ男の子の画像です。
その2の画像は、母犬ではないBEAUTIFULの母乳を飲んでいるところを撮りました。とにかく食欲が多く、どんどん大きくなっています。
その1 その2 その3

ホワイトシェパードMONE男の子犬1のコメント

大きな男の子。横向きの画像をご覧いただければお解りの通り、しっかりとした体躯を持つ子です。
今回は5頭と少なかったこともあり、非常に大きな子に成長しています。
MONEの男の子を1年以上お待ちいただき、有難うございました。茨城県北相馬郡利根町で、オーナー様と子犬がお互いに幸せな関係が築けるよう願っております。優しい子ですのでよろしくお願いいたします。

その他のホワイトシェパードMONEの兄弟姉妹

  • 茨城県北相馬郡利根町の大型犬ホワイトシェパードの子犬販売後の情報。
  • 大阪府枚方市養父丘の大型犬ホワイトシェパードの子犬販売後の情報
  • 三重県鈴鹿市のホワイトシェパードの子犬販売後の情報
  • 岡山県瀬戸内市牛窓町の大型犬ホワイトシェパードの子犬販売後の情報
  • 大分県別府市荘園の大型犬ホワイトシェパードの子犬販売後の情報

子供が散歩できる大型犬MONEの子犬の予約について

他では見ることの出来ない独特の美しさを持った当犬舎のホワイトシェパード。
子供と散歩できるくらい落ち着きのある大型犬のMONEを筆頭に、NICELDAYの子供になる母犬たちが産む子犬は、非常に人気があるため、産まれる前からご予約を戴いております。
ご希望の母犬をお選びいただき、出産前から「仮予約」という形で、ご予約を戴いております。
仮予約中の子犬を選ぶまではキャンセル料など一切発生しません。
気になる母犬の子供達を紹介しておりますので、その中で気になる子がいましたら、
「仮予約」をお願いいたします。
モネの子犬を予約する場合はこちら!
モネの子犬も含め重複で子犬を仮予約する場合はこちら!

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!