ホワイトシェパードのしつけ教室・訓練をお勉強会という形でやっております。

繁殖ばかりで犬のことを熟知していないよそがやれるはずがない!無料のしつけ教室=犬のお勉強会
当犬舎ではホワイトシェパードのしつけ教室を毎週土日に無料にておこなっております。
ただし、しつけ教室や服従訓練などの今までのやり方とは一切異なります。
犬の言葉を使ったやり方で、飼い主と愛犬共にお勉強をしていくお勉強会という形を取っています。
場所は不特定。見学が入っていない場合は違うところで、その時の愛犬の状況に適した場所でおこなっております。
人それぞれ、犬もまたそれぞれ心の成長状況は異なります。
何かの体験・経験の欠落による問題行動・信頼関係の低さであったり、全体的に経験不足・信頼関係不成立のために様々な問題行動が現れていたりと、それぞれ異なりますので、毎回お勉強会を行う場所も違います。
そしてやり方がまったく異なります。
すべて犬の言葉を用いた接し方をすることから始まります。
ある程度良い成長を終えた子ほど、確実に変化が見られます。それは参加いただいたオーナー様方が実際にご覧になっていらっしゃるのでご理解いただけたかと思います。
犬の言葉を使って信頼関係を確かなものにしていく教室であって、マテやフセなどの人間的訓練法はまったくおこなっておりません。といいますか、今までの経験上、むしろ否定しております。
訓練犬のようなロボットよりも一般家庭犬として、犬らしい犬になって欲しい。こういった方が対象です。
これがいつのまにか人間らしい犬となるのです。看板犬モネを筆頭とするホワイトシェパードの子たちはどうでしょうか?
だからこそ、よそが出来ない体験をご見学にお越しの方にしていただいており、実際に触れ合っていただいております。
「柵の中に入らないなら見学はお断りします」はっき申し上げるようになりました。
そのくらい訓練やしつけよりも、大切なものは飼い主と愛犬との信頼関係なのです。
これさえ出来てしまえば、あとは勝手に覚えてくれるものなのです。
犬の言葉を使って接しただけでわずか五分後には100%一回の言葉で呼び戻しができるようになったり、体の成長と共に自信を付けていかなければならなかった子が、翌週参加されたときには、もの凄い自信を付けて、当犬舎のナンバーワンの力持ちアローと、互角にじゃれ合ったり(犬同士の遊び)、
とても面白い変化が見られるのです。
そして飼い主に対しての接し方も変わってくるのです。いわゆる無抵抗。
これは飼い主のことを心から信頼している証拠なのです。
「愛犬に本当の自由を与えることができる関係を築く」
これを合い言葉として参加者さんと一緒に楽しみながら毎週お勉強会をおこなっております。
参加はどなたでも自由です。ただし、他の犬種は今のところお断りしております。
ホワイトシェパードのことなら熟知しておりますので、使える犬の言葉の数が犬種によって違いますし・・・。
これは刷り込みが入った子限定です。刷り込みが入っていない子は100%まで解決しません。半分くらいで止まってしまいますし、再認識にもの凄く時間がかかります。
それは訓練所にお任せいただくことがベストです。なぜなら犬らしい犬の素質をブリーダー・ペットショップの手によって奪われてしまっているため、人間の言葉を使った訓練ではないと覚えることが出来ないからなのです。覚えても心から行動することはまずありえません。
犬の言葉を使って教えるとパニックになって、まったく通用しません。
今までおこなったお勉強会で皆さん感じていらっしゃるはず。
「落ち着いて冷静に行動するようになった。反応が早くなった」
いわゆる犬の心に余裕を持たせるためのしつけ教室ですから、命令に対しての反応の早さ・的確さを、人間式とはまったく異なる犬式の教え方をしていますので、「どうして?」って驚かれている方もいらっしゃいますが、その疑問が実は愛犬に対しての深い愛情へと変わっていくのです。
「犬の気持ちを理解する」これが当犬舎がおこなっている犬のお勉強会です。
いつでも急でもご連絡は構いません。どうぞ気軽にご参加下さい。

お勉強会での決まり事

人任せで自分の愛犬についての説明を聞いていない方。
そう判断した時点で、お帰りいただいております。
こちらは無料ですので、当然強気でお断りします。
できましたら、中学生より下のお子様はお連れにならないで下さい。
メインは愛犬と飼い主さんです。お子様の面倒を見なければならない時、愛犬に対しての意識や私の説明を聞く姿勢が疎かになります。
犬のお勉強会とは、飼い主と愛犬との関係を正すためにおこなっているもので、当の本人様が、まったく私の話を聞いておらず、他の犬に対して興味を持ったりするような方もいらっしゃいます。そのため、
まったく人の話を聞いていない、その場に適さない方の参加もあります。
こういった主催している側からすると見当違いの方は、どうぞ訓練所に預けて下さい。
頼る場所が違います。
但し、これは当犬舎出身のホワイトシェパード以外の犬種(電話での相談により他犬種でも参加可能。但しそれは私の判断となります)の方のみで、ホワイトシェパードのオーナー様は、これに該当しません。
それはどういうことか。
「犬の社会性という刷り込みが入っているからです。」
もしくは、
「当犬舎の犬に対しての考え方を熟知していらっしゃる」ので、そのような態度を取られることがありません。
犬のお勉強会は、本気で悩んでいらっしゃる方のみで、他人任せな犬との関係を築くためにはまったくおこなっておりません。本来の趣旨は、「飼い主が犬について学ぶこと」なのです。

条件

毎年必ず混合ワクチン接種をしていること。
毎月ノミ・ダニの駆除・予防をおこなっていること。
パルボ・ジステンパーなどウィルスに2年以上感染していないこと。
引っ張り防止ハーネスや伸縮リードでお越しにならないこと。(まったく意味がありません。別に用意して下さい。)
愛犬を人任せにしないこと。
このことをお守り下さい。

問題行動の修正

飼い主を咬んでくる。呼び戻しが出来ない。他の犬に対して吠えかかる。散歩が出来ないくらい強く引っ張る。無駄吠えする。要求吠えする。落ち着きがない。常に興奮している。恐がり。神経質。まったく言うことを聞かない。などの問題行動を修正するわけですが、これを服従訓練と称し、人間のやり方で教えると、時間がかかったり、犬らしさが消えてしまいます。
よく考えて下さい、犬の言葉を使って接することが出来れば覚えは早い。ご理解いただけますか?犬が相手なら相手の言葉で話した方が、遙かに理解していくスピードが異なりますし、犬らしさは失いません。本当に自分自身の気持ちを表してくるようになるのです。
それをお勉強会で体験していただいております。
問題行動とはまったく無関係と思われる行為によって、その大部分を修正できるのです。これが信頼関係なのです。その後は変についてしまったクセを矯正していくだけです。

楽しくないとしつけにならない!

真剣すぎてもしつけにならない。それは飼い主がリラックスして愛犬と接するからこそ犬の気持ちが解るのです。
真剣すぎ、真面目すぎると、犬の行動や仕草を見逃してしまいます。どうやったら良いか、それはまず飼い主の笑顔。愛犬はずっと見ているのです。笑顔から余裕が生まれ、そしてその気持ちを愛犬が感じ取る。これが大切なのです。

ブリーダーだからこそできる!

訓練所での訓練・しつけの方法に疑問を持ち、ホワイトシェパードの群れを観察し、そして接してきたからこそ、本物の犬の気持ちが解るようになり、そして犬の言葉を使った方法で、数々の問題行動を解決してきました。
犬と真剣につきあってる当犬舎だからこそできる、余所にはないしつけ法で、対処しています。
ブリーダーとは、繁殖のプロであり、繁殖している犬種を熟知し、それを活用できなければならないのですが、
犬の知識もなく、気楽に繁殖しているブリーダーとも呼べない、そこらへんの方々とはワケが違います。
プロだからこそ犬の気持ちを知り対処できる。これが本来のブリーダーです。

イベント多し!

急に始まるその日の夜のお勉強会。もちろん食事しながら呑みながら参加者さんの誰かの子を使って、その場で犬の言葉の意味を話して、実践でその言葉を取り入れた付き合いをする。そしてどのように変化したか、どのように愛犬が気持ちを出しているか、その時その時の犬の感情を皆さんと理解しながら、それが深夜まで続いたりしています。
また、バーベキューをしたり、愛犬同伴で花見に行ったり、そこでお勉強会を開いたり、夏は海の家を借り切った状態でバーベキューをしながら愛犬と一緒に泳いだり、とにかく主催者の思いつきで始まるイベントが盛りだくさんです。
その時に大声で笑う飼い主を見て、愛犬はどう感じるでしょうか?
「愛犬は飼い主の心を映す鏡である」これが果たして真実であるかどうか、確認することが出来ます。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる子犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!