犬の行動と対策

ホワイトシェパード犬の行動一つ一つに意味を込めて
まず犬という生き物は、支配性のある動物である。このことを理解して付き合って下さい。
それと犬の感情表現には、人間が考えている意味とはまったく逆の意味を持つ行動・仕草をするということも理解しなければなりません。その理解できず、問題行動となって現れるのです。
それともう一つ、「犬の社会性」これは非常に重要なことですから、これもお忘れなく。
これさえできるとホワイトシェパードに限らず飼育しやすいのか犬という生き物です。

支配することが愛情の始まり

頼りとしていない人にはやりたい放題!
犬という生き物は、支配性を持つ生き物であり、そのために群れとしての生活ができるわけです。この習性を利用して私たち人間に迎え入れられることができたのです。
そして犬は、飼い主のことを上位であると認めると、素晴らしいほどの理解力を示します。そして飼い主と愛犬という別の生き物同士で作り上げる愛情に満ちた信頼関係が成立します。
普段の生活で、愛犬は頻繁に優位性を示す行動を取りながら、飼い主を試しているのです。この人は自分より上位の立場であるのかと。
私たち人間は知らず知らずにそれらの行為を、「愛情表現」と勘違いし、喜んでいるのですが、その色々な優位性を示す行為を飼い主がすべて受け止めていますと、飼い主と愛犬の立場の逆転が起こります。
次第にエスカレートする要求吠え。飼い主が愛犬の行動を制しようとすると牙をあてて、もしくは噛みつき。好き勝手な散歩。そして完全に上位であると思い、飼い主に対してのマウンティング。
そこまでいくと完全に何をを伝えても、喜びを感じること以外、まるで飼い主の存在を忘れているかのような行動に出ます。
命令に従うからそれはない、私のことをちゃんと上として扱ってくれている。
それは違うのです。それって例えば、オヤツを与えたりするときに、スワレをすることで喜びを与えてくれるから、従っているように見せているのです。ですからすぐにスワレを自分からしたりしませんか?
そこに要求吠えはありませんか?要求吠えしたら喜びを貰えない。だから黙っておく。そのような子も存在まします。
ボール遊びもそう。要求吠えしてきたり。投げないと吠え続ける。何かしないと吠え続ける。興奮が高まる。
そうなるとこれは立派な問題行動として考えなければなりません。
犬に支配されたまま、屋外に連れ出すことなんて到底無理なことなのです。それは愛犬が自分の思うがままの行動を取り、それを制することが出来ない飼い主となってしまっているからなのです。
犬や人にけたたましく吠える愛犬。それを止めようにもまったくできない飼い主。
そのような光景を見られると、果たして良い印象で見られるでしょうか?
小型犬でも大型犬でも、恐ろしいと感じられることでしょう。
まずは、飼い主の存在をしっかりと意識させること。それには優位性を示す行為をすべて止めさせること。逆にそれを用いて愛犬に飼い主の優位性をアピールすること。
こうやって愛犬が飼い主のことを上位の立場であると認め、そこからお互いで作り出す信頼関係を強いものにしてからこそ、ようやく愛情に満ちた生活ができるようになるのです。 上位と認められると、そこから愛犬は犬同士にない愛情を飼い主からたっぷりと感じ取り、そして愛情を持って接してくれるのです。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!