呼び戻しができないとき

ホワイトシェパード別の視点から観察を
呼び戻し。それは愛犬を呼んだとき、しっかりと飼い主の所に戻ってくること。
それはボール遊びにしても言えますよね。しっかりと持ってこさせる。
呼び戻しが出来ないとき、それはどうしてか。ちゃんと最後まで持ってこさせる。
まず、それは出来ません。
ちゃんと来るまで、最後まで呼び続けるのか・・。それも絶対に無理でしょう?
喜んで走り回っていますよね。
ですから、その行為に対して、ロングリードをつけ、思い切り引っ張ったりするんですね。
無理矢理に力を用いて最後まで呼び戻すことができます。
しかし、それをちゃんとすぐに覚えることが出来るか。これは人間的思考による教え方に過ぎないのです、まずは無理。
犬の立場となって考えると、喜びのため、飼い主の意識が薄れているだけなのです。
群れの中で上位の立場の犬と下位の立場の犬との関係、行動を見ていると、
上位の犬に対しての意識が強く、そして上位の立場の犬の動きをずっと意識しているのです。
そして上位の犬が胸を張って側に来ていることを察したとき、最初から自分はあなたとはケンカを避けたい。それを体で表現します。縮こまるのです。もしくは横になる。腹を見せる。といった、反応が素早いのです。
それは上位者に対しての意識の強さ。これを認めると、自分から気持ちを表すのです。
これが常に意識を持つ愛犬になりますと、名前を呼んだだけで興奮していてもすぐに立ち止まり、そして頭を下げて近寄ってくるのです。興奮状態では絶対に来ないのです。それが飼い主に対して意識の強さを持っている愛犬は、何を考えているんだろう・・・そう確認しながら近づいてきます。
相手に対しての意識の強さがこういった呼び戻しで現れるのです。ただし、ボール遊びには、飼い主と愛犬の間にできたクセがありますので、こればかりは何とも言えません。
そうやって愛犬が飼い主の中途半端なボール遊びのやり方を、飼い主の気持ちとは裏腹に真面目に覚えたやり方なのですから。ああ、こうやって遊ぶんだって、ボールを最後まで持ってこなくても何も言われないし。
言われない。これが飼い主のことを完全に理解していない子が、飼い主の感情を読み取れずに走る行動なのです。これが飼い主が求める信頼関係の強さを弱いものにしているのです。
ボール遊びはボール遊びをご覧下さい。
呼び戻しで戻ってこないときに必ず注意します。来い!!!感情がでますよね、まあ逃げ回ることでしょう。
何度も何度も呼んで、その怒っている飼い主を避けるかのような逃げの行動。
それは飼い主の本当の感情をしっかりと覚えていないからなのです。
つまり、飼い主のことを理解して貰うことをするだけで良いのです。
飼い主である私のほうが、あなたよりも立場が上なのよ。
それを触れ合いながら理解させることが大切なのです。
すべてのクセを取る二つの言葉。
これの紹介している一つを実践しながら、愛犬と幸せに過ごす方法。犬の社会。犬の行動と対策を読んで、毎日の付き合い方を少し変えてみましょう。
相当飼い主と愛犬の立場が逆転している子でない限り、割とすんなりやってくれるようになります。

飼い主が何を伝えてきているのか

呼んで近寄ってくる子たち
何を考えているのだろう。必ず目を見て近づいてくる状態。これが100%の呼び戻しができる子です。そういった子は
動きがとても緩やかなのです。尾の振りにしても落ち着いて飼い主に近づいてきます。
飼い主に対しての意識の強さを表します。
いつも穏やかに飼い主と接しますし、要求の仕方があまりにも緩やかなのです。
これをやってほしい!!!ではなく、これがやりたいよ。という具合で。
ですから甘え方も優しく穏やかで冷静なのです。注意されたとき、いくら興奮状態であっても冷静になり、例えケンカの前の威嚇行為「ウ~・・・。」のときに声をかけるとすぐに冷静になり、ケンカ中でも相手に余裕があればすぐに止める。
まずは飼い主として愛犬に認められること。それから飼い主を信頼すること。そして今度は人間の立場に愛犬が自らたって、そして飼い主のことをより理解しようとする関係になること。そして本当の信頼関係。お互いで二人だけの共通の言葉を作ること。
そこまでいくとすでに人間のような気持ちで接することの出来る愛犬になってしまいます。
そしてすべてにおいて自由を与えられる。自分で考えて行動する。そこには飼い主の存在を考えながらの行動を取りますので、飼い主も全面的に愛犬を信じて自由にさせてあげる心の余裕ができるのです。
これが愛犬に対して「本当の自由を与えることができる」信頼関係なのです。
呼び戻しができない。これは飼い主のことをより理解させると、とても早くに来るようになります。
認められる。これだけでも変わってくるのです。クセを取る二つの言葉の一つを実践してみて下さい。
そして、ロングリードで無理矢理引っ張って教えるようなことのムダを理解して下さい。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!